FC2ブログ
私の中では第4話が今までで一番よかった~! (‐^▽^‐)
3話の感想で希望したこと、期待したことをばっちり見せてもらえた気分 ♪

今回はなんかみんな温度高かった!熱かったなぁ~
それぞれの誰かを思う気持ちが熱さの要因で、みんなカッコいいって思った。

虎之助や生徒たちの、木ノ内を完走させてやりたいという思い。
高須、ゆう子、そして高杉たちの、虎之助を辞めさせたくないという思い。
その思いを持ってそれぞれが相手のために動き、そんなみんなの思いが叶ったラストは、ベタな予定調和にも関わらず単純に嬉しかった。
よかったねぇ・・・みんな!(*´ー`*)

今回はそれぞれのキャラが魅力的に立ってたのでまずはキャラ別感想。


☆高須
虎之助のことが心配でしょうがない高須。
いちいち虎之助と教頭の間に入ってとりなそうとするし、松尾先生には「虎之助に手出すな」ばりの釘刺すし。《結果松尾が教頭に入れ知恵しちゃうんだけど;;》
『せいぜいセコい嫌がらせで我慢しとけば』
『これだけは言っとくよ、校長でも教頭でもないオレが、杉先生をどうこうする権限はない。もちろん・・あんたにも。』

こう言った時、最後マジ顔に変わった高須がカッコよかったよ~!
教員免許取り消しも辞さない態度の虎之助に、驚いてうろたえたり声を荒げてしまったり・・・
投げやりで事なかれ主義だったはずなのに、虎之助のせいで感情的になってる高須がすごくいいです。
前回、大好物♪って言ってたら、たっぷり見せてもらえて嬉しかった~ww


☆ゆう子
今回はゆう子自身にも小さな変化というか・・・自覚したものがありましたね。
非常勤講師の立場に甘んじて結婚に逃げ込もうかと思ったりもしてる自分の中に、虎之助を羨ましく思う気持ち。
生徒達や虎之助のためになんとか手助けしたいと動いてしまう自分。
それを素直に認めて教頭の前で宣言したゆう子もカッコよかった。(^^)


☆高杉
すっごくいい!こーゆー高杉が見たかったんだ~ヾ(^▽^)ノ
1人めざとく教頭の挙動不審を察知し、生徒たちのために自分の立場を危うくしている虎之助を救うため人知れずことを運ぶクールなカッコよさ。
さらによかったのは、いつも通りバカにしたような笑みを浮かべながら教頭をやり込めてた高杉が、『“ねつ造”という言葉の意味を答えなさい』と言ったところから表情が変わったこと。
『恥を知れ!』
『本当にそう思っているのなら、オレの目を見て言ってくださいよ!』

薄笑いが消え、怒りの表情なのがいい!
虎之助を陥れようとしたことに対して怒ってるってことだもんね。
普段あまり表情を変えないから、こんな風に感情出されると印象的。
それに、空気読んで口パクで「ありがとう」した久坂見て、かすかに笑っちゃったりして・・・
もーーー、超ツンデレ属性な高杉がかわいい!(>∇<)
おまけに『忙しいから』の理由の内訳が、教頭に対する内偵より音痴克服の特訓のほうが大きいって・・・ww
よくわからん白バイ先導して髪かき上げーの、キザに去りーのから、ラストがアレっていうのが出来すぎ。(爆)


☆入江・吉田
今回初めて高杉と離れて久坂・虎之助に関わってきた二人。
これまでははっきり言って高杉のおまけっぽい感じがしてたけど、あっさりして見えて実はちょこっと熱い入江と、かわいいけど世話好きな吉田のキャラが見えてよかったです。(^^)
弁当屋で手伝いしてる生徒たちに感動してうるうるしてる虎之助見上げながら、吉田がニッコリ笑ってるとこなんて、どっちが保護者なんだか(笑)
『高杉くん、久坂くんがありがとうって言ってるよ』って、ツンデレ高杉をちょこっとつついてるのもいいww


☆久坂
中華料理屋での『何時間でも、何日でも、何十年でも待ってる。・・・・・頑張ってる先生なんだよ!』のくだりは、高杉でなくても『暑苦しくて聞いてられない』天然記念物久坂くんだけどw、
虎之助が辞めさせられるかもしれなかったなんて知りもせず、屈託無く高杉たちに「ありがとう」って満面の笑顔な久坂がかわいい ♪
あれじゃ高杉も思わず手貸してやるかって思うよねw
高杉たちと違って、ただ木ノ内に寄り添って励ましたり、代わりにお店の手伝いしたりするしか出来ない久坂なんだけど、やっぱりそんな久坂だから入江と吉田の協力を得たり、クラスのみんなが手伝いをかって出てくれたりしたんだよね。
こういうのって、見てて単純に嬉しいって思っちゃいます。


☆虎之助
『教師を辞めることになってもオレは・・・! オレは・・・“今”をとります』
教頭に正面きって、採用取消しになっても構わないと・・・生徒たちの“今”を大事にしたいと言い切った虎之助だけど、反発心みたいなものは皆無で、ただただ生徒のため。
だから生徒のために教師生命絶たれるかもしれないのに、その生徒に向かって『ありがとな。・・・で、ごめんな。』って言葉が出てくる。
そして自ら保護者のところへ向かい、生徒たちの気持ちを理解して欲しいと頭を下げる・・・
も~~、不器用でトラブルメーカーだろうが、空回りだろうが、応援せずにはいられないキャラじゃないか~!(>_<)
そんなヤツだからこそ、みんな虎之助のことを助けようとするんだよね。
でも虎之助本人は生徒たちのことで頭いっぱいで、自分のことを心配して動いてくれてる人たちのことには気付いてなかったりするんだけど、それでも許されちゃう・・・
ホントに愛すべきキャラです。
遠くに見えた木ノ内を見つけた瞬間の虎之助の表情がすっごくよかったなぁ・・・!
“上地雄輔の杉虎之助”が無二と感じた第4話でした。(*^-^*)


正直、いつのまにか生徒たちがずいぶんいい子になってて、急にベタな学園ドラマっぽくなった印象はあるけど、でもそれは、
甘いだの頼りにならないだの言われながらも、いつも生徒たちのことを信じて、生徒たちのために身体張ってきた虎之助が、着実に生徒たちの信頼を得るようになっていたのだと・・・
そして、暑苦しいとか良い子ぶってるとか言われながらも、学校のため、クラスメートのために一生懸命な久坂の行動が、少しずつみんなを変えてきたんだって・・・
そう素直に喜ぶことにします。(*^^)v
すっかり虎之助目線になっちゃって、生徒たちが弁当屋の手伝いしてたり、木ノ内のゴールに大喜びしてるのみて、「かわいーなぁ・・・」ってこっちまでうるっとしそうだった。

『教頭先生が失ったもの、杉先生が持ってるからでしょ?』
『うらやましいんだろ、バカみたいに熱い杉先生が。』
『あなたは杉先生に嫉妬している。』


ただ教頭をぶった切る目的ではなく、虎之助を助けようとして動いた吉田、入江、高杉のこの言葉もすごく嬉しかった。
高杉たちの中に「杉先生と久坂はオレたちがフォローしてやるか」みたいなものが、ちゃんと出来上がってるといいんだけどな。4話だけじゃなくて・・・・甘いかな?(笑)

画策に乏しく真っ直ぐで危なっかしい久坂と虎之助をクールにフォローして、2人が危ない時に派手な演出で救ってくれるってパターンに落ち着かせてくれたら、みんなに好感持って楽に楽しめるんだけどな~!

前回感想に書いた希望がまるっとかなった今回は、ホントにみんなそれぞれが魅力的でカッコよかったぁ・・・!
こういう路線が少しずつでも固まっていってくれると嬉しいな~~ (≡^∇^≡)
 
 
スポンサーサイト



2008.11.03 Mon l スクラップ・ティーチャー l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mutuki78sumire.blog32.fc2.com/tb.php/59-0d03cb52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)