FC2ブログ
『言葉は人を傷つける・・・けど、励ますことだって出来る。』
『だったら励ましましょう!人を傷つけるための道具に使っちゃダメです!』


虎之助がひざまずいたまま四方田に訴えた言葉。
当日のブログを見なくとも、以前上地が言っていた言葉を思い出した人は多かったと思う。
私もそうだった。

そしてそれと同時にもうひとつ頭をよぎったことがあった。
数日前《今がどうなのかはわからないけれど》、つる兄とノクのコメ欄が荒れたらしいこと・・・

普段コメントを読むことはないけれど
あのつる兄が「悲しくなった」と書いているのを見て、気になって少し拾い読みをした。
なんとなくわかったのは、羞恥心のそれぞれのファンと名乗る輩がブログに中傷のコメをし合っているような状況。

顔の見えない世界でね、
ボキの事ならまだしもよ
大切な仲間のあることないこと言うちっちゃい輩が悲しくってね。

ホンノリ、
・・いや、
かなり悲しくなってしまったのであ~る。


つる兄がスルー出来ずにこんな言葉を書いたのは、
その言葉の矛先が自分に向いたものばかりじゃなかったから・・・
大切な仲間に向けられた心無い言葉を放置しきれなかったつる兄が、それでもめいっぱい怒り抑えての意思表示だったんだと思う。

上地がそれを知っていたかどうかはわからないけど、
この時の記事には、普段の神児遊助にはあまりない、感じていてもあえて言葉にはしないようなことがいろいろと書かれていた。

自分が書いた言葉が形を変えられ噂になり、まことしやかにニュースになる。
ギネス認定されたブログがほんの一瞬1位でなくなれば大騒ぎ。
更新を2日休めば失踪説。
呼んでもいないのに土足で入り込んできて、いわれない悪口雑言を浴びせてくる輩。

きっと私たちが想像する何倍もの「納得いかない言葉」「悪意のある言葉」を目にし、
「誤解」「中傷」にさらされているのだろうと思う。

仕方がない、気にしない、
そう思うしかないとわかっていても、それは簡単なことじゃない。
人が自分のことをどう思うかなんて気にしないと言う上地だけど
それは自分らしく生きてる“上地雄輔”のことを人がどうとらえても構わないということで
勝手に捻じ曲げられ曲解された“上地雄輔”の責任まで負わされることとは全く違う。
多くの人に認知され、自分の些細な言動が良くも悪くも誰かの価値になってしまう現状。
こういうことは避けられないんだと思ったって、何も無かったようにいることは容易じゃない。
“上地雄輔”から派生して自分の大事な人たちまで巻き込まれるような事態になれば尚更・・・


更新ストップしたあの時のこと、
当時とは違い、珍しくストレートに「凹んだ」と書いているのを見て胸が痛んだ・・・
あの時は、自分がいろんな状況を飲み込んで覚悟を決めようとして・・心はそのことでいっぱいいっぱいだったんだと思う。
心配させたくはないけれど、自分自身を納得させなくちゃいけない状態で、みんなを安心させるような言葉が言えるわけもない。
そんな中、義務で・・伝えたい温度もないまま言葉を発することなんて、したくなかったんじゃないだろうか。
あの場所を大事に思うからこそ・・・

“神児遊助”が時には上地が面倒な渦に巻き込まれるきっかけになることは事実。
そんな部分だけを見て乱暴な言い方をしてしまうと、あの大切な場所は上地のいろんなものの犠牲の上に成り立ってる。

それでも上地は、ぬくもりを求めて来る人が温まって笑顔になれるように“神児遊助”に居てくれる。
でもそれは、みんなのためじゃなく、みんながいてくれるから
みんなが笑顔になるのを見て自分も笑顔になれるから・・・
そんな上地だからあの“神児遊助”が在り続けてきたんだ。


“神児遊助”には人を幸せにすることだまがいっぱい詰まってる。
そして“神児遊助”に寄せられる温かいことだまがどんどん増えていって、それを力にまた上地が小さな奇跡を起こしていく。

上地の存在が奇跡だと書いたことがあるけれど
その“上地雄輔”を多くの人に真っ直ぐに届けることになった“神児遊助”は
もうひとつの奇跡だと思う。
“神児遊助”があったからこそ自分ははこれほどまでに上地雄輔に惹かれた。

だけど、もし上地が笑顔になれなくなってしまったら“神児遊助”がなくなっても構わない。
これは更新が停まったあの時にも思ったこと。
みんなの笑顔のために上地が1人しんどい思いして辛そうな顔してたら
上地のことを好きな人は、やっぱり笑えないから・・・

言葉に温度が無くなったら・・・温度のない言葉が“神児遊助”に書かれるようになったら
あの場所は“神児遊助”じゃなくなってしまうし
上地が“上地雄輔”じゃなくなってしまうから・・・

だから万一本当に“神児遊助”がなくなることになっても
上地が悔いなくスパッと胸張ってやめるというなら
「やめないで欲しい」とは決して思わない。
心から「今まで本当にありがとう」と言える。


でも願わくば
この2つの奇跡を見守る幸せが
ずっとずっと続きますように・・・・
 
 
スポンサーサイト



2008.10.27 Mon l 上地雄輔 l COM(6) TB(0) l top ▲

コメント

はじめまして。
はじめてコメントさせていただきます。
のん輔と申します。
少し前から睦月さんのサイトにお邪魔させていただいています。
睦月さんの上地雄輔に対する想いや考えに、いつも共感して感動しています。
上地くんのブログを読んだ後に感じる私の気持ちが、睦月さんの言葉と同調することが多く、
上地くんの言葉を読んで涙、その後睦月さんの言葉を読んで涙することも何回もありました。
私も上地くんのブログを読んで彼に惹かれた人間の一人です。『神児遊助』と言う場所がネットに存在しなかったら、上地雄輔は私にとって通りすがりのアイドルだったかもしれません。
だからこそ、上地くんが色々な状況の中で、無理して、作られた言葉でブログを書かないといけないのなら、
「そんなに無理して続けなくていいよ」
と言ってあげたいと思います。
睦月さんのようにうまく言葉にできなくてごめんなさい。
わたしも、二つの奇跡をずっと見守って、ホントに小さな力だけど、応援していけたら幸せだと思います。
睦月さん、これからも素敵な言葉を綴って下さいね。睦月さんの上地雄輔への想いを読むのを楽しみにしています。

2008.10.27 Mon l のん輔. URL l 編集
睦月サン、また来ちゃった!
『唯一確かな事は‥‥言葉は消耗品です。』

「ん-、また言ってる。
そうなの?言葉って消耗品?」←コレ、私の心の声。

だって、毎日同じじゃない訳だから、感じる事も、想いも色々じゃないの?

ましてや、あんな刺激的な世界に居て、好奇心旺盛であれば‥

って安直に思った後、ユースケの言葉を噛み締めてみました。

『重荷になんか思いません。思うよーに感じたよーに書いてるから』
『義務んなったら本当の温度じゃない』
『自由です。オイラ、全て、全て』
この想いと
『毎日書いてると、半年もしないうちに、書く言葉も想いもなくなります』
この言葉の隙間を埋めてる物は‥

みんなの愛情?
ユースケの愛情と努力だよね‥。

「今日何書くかな-」って日もあるだろうに、気を使って無さげに、気を使ってくれてる。 

いつかユースケが、私達が見る事の出来る世界から消えてしまう事を覚悟していながら、もっともっとと期待してしまう自分がいます‥。(ーー;)
2008.10.28 Tue l natsuco. URL l 編集
のん輔さん、はじめまして
コメント、ありがとうございます。
有り余るほどの言葉を頂いて、私のほうこそ感動です・・・!( >_<。)
のん輔さんのココに寄せてくださる思い、上地を想う気持ち、
すごく伝わってきましたよ。(*^^*)

ただ、どうか私にあまり期待しないでやって下さいませ。
私自身いつも、自分が今後どんなことを感じてどんな言葉を書くのか、もしくはもう書くことはないのか・・まるで想像出来てないんです~;;
《今ならドラマの感想くらいは書くかもしれませんけど・・・(^^;ゞ 》
こんな私でよろしければ、これからもどうぞよろしくお願い致します~ m(__;)m


2008.10.28 Tue l 睦月. URL l 編集
natsucoさん、こんばんは♪
この言葉の隙間を埋めてる物は‥

『でも!でも!あなたがいるから続いてるんです。』
なのかなって思ってます。
本当はマイナス要素も抱えてるこの場を自分が続けている一番の理由。

でもね、natsucoさんが「?」いっぱいなのと同じく、私もあの文章の上地はその時の自分の様々な感情をあえて結論付けることなくぽろぽろ書き落としているように感じました。
神児遊輔は結構こういう時ありますよね、すごーく抽象的な表現してみせたりとかも。
その心情もなんとなくわかる気はするんですが・・・
きっと後になって「ああ・・・」と理解できることがあるんじゃないかと思います。

「私達が見る事の出来る世界から消えてしまう覚悟」っていうのわかります~!考えちゃいますよね。
ただなぜか、上地の決断に納得出来る自分しか想像出来ません。
・・・・なんでだろ?
これは上地ではなく自分の中に根拠がありそうですが、今は言葉に出来ません。
いつか書けるのかなぁ・・・
2008.10.28 Tue l 睦月. URL l 編集
睦月サン
のん輔サンへのコメントに「‥もしくは、もう書くことないのか、想像出来ない」ってご自分の事書いてたでしょ?
ブロガーさんって、ある意味、ユースケとそういう思いを共有してると思うんです。
多分、こちら側にいる私には分からない思いもあるんじゃないかって、思うんです。


友達がブログ初めて暫くして、コメントくれる人達と繋がってく喜びと、それに応えたくて記事をアップしてる、って書いてるのを見て、「ユースケと共通の思いだね」って、祝福しながら、ちょっと嫉妬しましたもん(^^ゞ



ユースケは、時々ああいう記事書きますよね。

「何かを吐き出そうとしてるんだな」って思う事にしてますが‥。

そういう時、ユースケを分かりたいと思うのと同時に、自分がそれをどう捉えるのかに興味がある、と言うか‥落とし所を探ってるんです、私たぶん(^^;

だから、睦月サンの言葉が凄く手助けになってます。
ホントにありがとう。
(*^ー^*)

ちょっと、しつこいでしょうが‥ごめんなさいね。
2008.10.28 Tue l natsuco. URL l 編集
こちらこそ、ありがとうございます
>自分がそれをどう捉えるのかに興味がある、と言うか‥落とし所を探ってるんです

ああ・・そうですね、わかります~
natsucoさんがそういうスタンスだからこういうコメント下さるんだなってすごく納得。(笑)
私もそうなんですよね、上地に対する溢れんばかりの自分の思いを自分なりに心に落としていく作業をしてるんだと思います。
natsucoさんが気になって書かれてること・・・上地のことも、私のことも、
実は自分でもひっかかってたことでした。
今改めて書くことじゃないって思ってたけどnatsucoさんにつつかれて、これを機会に改めて自分の立ち位置確認しておきたくなったので書いてみますね。
2008.10.29 Wed l 睦月. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mutuki78sumire.blog32.fc2.com/tb.php/55-d5b7f972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)