FC2ブログ
作品の路線とかノリが想像つきやすくて“スクラップ・ティーチャー”に比べたらかなり期待が大きかった“セレブと貧乏太郎”
決して目新しいドラマではないけれど、安心して気楽に楽しめるし今後の展開も楽しみ。

でも、正直に言うと
上地雄輔ファンとしては、諸手を挙げて大喜びってわけにはいかなかったな~


第1話を見た限りだと、“ラブコメディ”のコメディ部分をしょってたのってほとんど太郎親子だったような気がするんだよね。
だから上地のコメディ演技がちょっと浮いて見えてしまった。

もちろん、コメディ部分を引っぱっていくことを求められているとは思うんですけどね。
アリスが卵かけご飯を作るシーンも、メイキング見た限りじゃ子どもたちと声揃えて『いーーちっ、にーーっ、』って数えてる演技だったのが、本番だと太郎が大騒ぎしてたし・・・

でもちょっとやり過ぎな気がしてしまう。
声を張ることが多いのは太郎のキャラとしてOKだとしても、キーが高過ぎる。
高い声で騒いでると軽さとか面白さは出るけど、多用するとウソっぽくなっちゃう。
就職祝いの時の『腹いっぱいハンバーグ食わしてやるからな!!』なんて、出だしのキー高過ぎて最後声裏返りそうだったし・・・

あの調子で声張り上げてばかりいると、元気で明るいというより幼さを感じてしまう。
第1話見た限りだと上地が言ってた「背中を見せてついて来いという父親」には見えなかった。


佐藤太郎を演じるに当たって上地は「太郎と自分は似てる」と言ってて、自分に近い役を演じる難しさについても話してた。
そして、自分には弱いところもあるけど、太郎はスーパーマンのように強い男を演じたいとも。

確かにアレは上地雄輔じゃない。
でもそれはきっと、上地のファンで上地雄輔のことをある程度知っている人がわかること。
例えばバラエティの上地しか知らない人が初めてセレブと貧乏太郎で上地の演技を見たとしたら、「なんだ、まんまじゃん」ってことになるんだろうなっていう心地悪さ・・・。

『上地雄輔物語』を読んだプロデューサーが、こういうものを描きたいんだと言ってくれたそうだけど、
考えてみたら、佐藤太郎が自分と似ているからって自分と同じにならないようにする必要ってないんじゃないかと思うんだ。
ようは、“セレブと貧乏太郎”という作品の中で佐藤太郎というキャラがどれだけ自然でどれだけ説得力を持って存在するかってこと。
それに、どんなに素の自分に近くたって絶対自分と同じにはなり得ないし、演技なしでは成り立たないんだから・・・。

クライマックスで太郎の真っ直ぐさや優しさを見事に演じてくれた上地。
あのシーンを境に、今後もう気持ち落ち着いた太郎になってくれてるといいんだけどな~
佐藤家のシーンも、
ハチャメチャな明るさよりもほのぼのしたあったかさの方の比率を高くして
ドラマとしてコメディ要素が必要だというなら
“笑わせる面白さ”じゃなくて“笑われる面白さ”のあたりにして欲しいというか・・・

こういうことは、作品の方向性の問題だったりするので上地1人でどうこう出来ることではないんですけどね~


ファッションショーのクライマックスシーンに関してはもう大満足でした。
幸子さんのこと思いながらファッションショーの映像を見つめる表情からアリスに向ける真剣な眼差し・・・

めっちゃカッコイイ・・・・!!(*´∇`*)

と、思った自分が不純に感じたほどにいい演技でしたw
あれだけ声張り上げてた太郎が、しっかり通る声で緩急自在だし、感情表現もスムーズで説得力あったと思う。

「謝ってくれ」「ごめんなさいって言え」って言ってる時の太郎からは、
アリスに憧れて尊敬して一生懸命だった幸子さんの気持ちが踏みにじられた“怒り”を感じるんだけど、
「ありがとうって言ってくれてもいいんじゃねぇか?」になった時に“悲しさ”に変わった気がするんだよね。
幸子の気持ちも自分の気持ちもまるで届かない、人を思いやる心や感謝する気持ちを持ち合わせていないアリスを前にして・・・

そして太郎の涙が、まるでそんなアリスのことを不憫に思ってるようにさえ感じたのは、アリスが太郎のことをただ否定したり拒否しているのではなく、アリス本人が本当に太郎の言うことが理解出来ず困惑しているという部分を上戸彩ちゃんがちゃんと演じてるから。

あのシーンはホントに見応えありました。
バラエティの上地雄輔しか知らない人はこのシーンで役者な上地に意外性を感じ、
俳優・上地雄輔を知っている人はこのシーンの上地がしっくりくるんだろうな。

1つ難を言うと、ラストでスクリーンに太郎のアップが映し出されるでしょ?
あの演出は要らないなぁ、と思った。
立ち尽くす太郎の後姿だけでいいよ~
スクリーンに写るなら後頭部なはずなのに、わざわざカメラ位置切り替わってるんだもん。
なんか余韻に浸ってたらチラッと現実が見えたような気がしました;;

それからファッションショー後の幸子さんとのシーンなんですが
私としてはちょっと腑に落ちなかったんですよね~
「なんであんなことしたの?」って太郎のこと責めてたけど
太郎が職を失ってしまうことを心配してるのも、自分のデザインがアリス本人に気に入られたってことが嬉しかったのも事実だしちゃんと言葉にしてるから、幼なじみ同士の会話の仕方としてああいうツンデレっぽいのはアリだとは思う。
でも、肩を落として去って行く太郎を見ながら小声で『太郎ちゃん、ありがとね』はないんじゃない?
ここは『太郎ちゃん!!』って呼び止めて『ありがとう!!』と言って、太郎の反応を待たずに立ち去るが定石でしょう。

『ありがとう』を言えないアリスの存在と
お互いのことを思いやり、『ありがとう』を言える人たちとを対比させるべきトコなんじゃないの?って思いました。
幸子の『ありがとう』を聞いて一人笑顔になる太郎の画があったほうが、ファッションショー後のあのシーンはおさまりがいいんじゃないかなぁ・・・。


なんかまた上地のことばっか書いてますが、他のキャストさん達もよかったです♪
特に上戸彩ちゃんのアリスが想像以上によかったな~
キツイ表情しても綺麗なだけでトゲ無いし
わがまま言ってても嫌味じゃなくて可愛いし
若村さんが記者会見の時に言ってたことにすごく納得。
とんでもないお嬢様が太郎と出会ったことによって変わっていくっていう設定でも、スタートが思いっきり嫌われキャラになっちゃうと、リカバリーが苦しくなっちゃうもんね。

あと、子供たち演技上手いですよねー
今回は花子ちゃんの『おいしーーいっ!!』と寝起きのぼさぼさ頭がたまんなかったです♪w

他にもいろいろと感想はありますが、長くなるのでこの辺で・・・(^^;;

上地への思い入れ強すぎで、あれこれ書いちゃいましたが
もちろん次回もすっごく楽しみです!


・・・キスシーン?



全然OKですわ~~!!


そんなもんにひるんでたら役者のファンなんてやってられませーーん (^^)v


銀縁メガネのニセ恋人太郎を堪能しますわん ♪(=⌒▽⌒=)
 
 
スポンサーサイト



2008.10.15 Wed l セレブと貧乏太郎 l COM(6) TB(0) l top ▲

コメント

はじめまして。
過去記事も読ませて戴いてますm(__)m


ファッションショー後の、太郎と幸子のくだりの場面、私も最初、「どうして小声でお礼言うん?」って思って、去って行く太郎の後ろ姿が切なくて仕方なかったけど‥、あの場面、「ありがとう」と言う感情をよく知らないアリスと、知っていながら、感情を隠そうとしている幸子、素直に感情をぶつける太郎の対比って言うか、そういうのを凝縮した場面だと思いました。
今後の展開を楽しみにさせた場面です。


私が引っ掛かったのは、太郎がアリスに「手を貸して貰おうとする場面」なんです。
工事現場にしても、パパラッチに押し倒された場面にしても、あそこでアリスに手を借りようとするのには、何か違和感感じて。
しかも、アリスが素直に手を差し出すのがまた意外って言うか‥。

太郎って、ああ見えて、押し付けがましいキャラ?「ほれ!困ってんだから助けろよ」って(^^;



あぁでも、ユースケの演技を1時間フルで観れるって、幸せですね♪
因みに、私はあのキスシーン見て、ワクワクが増した派です(^^)

これからも宜しくお願いします。

2008.10.16 Thu l natsuco. URL l 編集
初めまして
こんにちは、始めまして。分析力、文章の上手さに感心しています。
読んでいてうーんなるほど、そうそうそれが言いたかった~、表現の仕方がわからなかったぁ、すっきりしたあ!って思うこといっぱい、上手く書かれています。
大好きだと色んな情報があり、欲目?身内の気分で率が気になったり、一般視聴者ではいられなくなりますよね。
嬉しかったのは兄(55歳)から「お前の好きな上地のドラマ見たぞ、面白かったな」とメールが来たこと。普通のドラマとして面白かったんだあーとほっとして、率見てほっとして。
親かよ!と自分に突っ込み入れて。
これからも楽しみにしてますね。
2008.10.16 Thu l みやじ. URL l 編集
おもしろーい♪(*>▽<*)
睦月さん こんにちは!
楽しみにしてましたよ~♪「太郎さんレポ」♪♪

『セレブと貧乏太郎』もおもしろかったけど、睦月さんの記事もおもしろーーーい♪(*>▽<*)
なんでそんなに的確な表現ができるんですか?
『ん~・・・なんか違和感・・』
『ん~♪なんかいいなぁ♪』
が、睦月さんの記事読んでると、『あっ、だからかー。なるほどねぇ~』ってなる事が多々あるんですよ。すごいなぁ~(*´ー`*)
やっぱ、愛の力っすか?!!o(>▽<*o)

・・・・・すいません、しょっぱなから脱線してますね。

一話観終わって、上地くんの太郎さんはもちろん、上戸彩ちゃんが想像以上にハマりました!アリスは自分とかけ離れてるって言ってたけど、イメージを崩すことなくちゃんとアリス像を作ってるなぁって。
ショーのシーンは言うまでもなくよかったし、その後郡司さん(?)に「最低よねっ?あの男!」と言った後の郡司さんの表情に、「・・?!」となる場面なんかも好きです。悪気はない、ただ分からないだけ、でも何かがひっかかるから、出てくる感情は『困惑』ってゆう。
それとショーの最後で上地くんのアップ・・・あれは確かに要らないと思いました。引き気味の後姿でポツーンと残されるほうが、アリスの言った「あなたがあがれるような場所じゃない」ってのも、今の立場の差なんかもわかりやすいと思うんだけどな~

幸子さんは対象的でしたね。あそこで思ってても太郎に直接「ありがとう」が言えない。そんな風にして昔から太郎への気持ちも、太郎の幸せを優先しようと抑えてきたのかな~なんて勝手な想像してました(^ー^*)

上地くん・・・声の表現も上手なんですね。
江夏役の低音はいいな~♪って思ったけど、それ以外ではあまり意識したことなくって、でも今回予告でもやってた「ごめんなさいって言えよ!」の声で、私の中で☆勝手に新境地☆です(´д`*)
睦月さんのおっしゃるように、ショーのシーン、怒りだけじゃなく、気持ちを理解できないアリスへの驚きや、隔たる悲しみの気持ちが本当によく伝わってきて、なぜか太郎というよりも、一瞬上地くん本人が言ってるような錯覚すらおこしそうでした。

あとね・・・PR番組の方で、上地くんTVではめずらしく太郎の事で語ってたでしょ?「飲み込む力が強くて、でも自分も少しだけそれを持ってる気がします!」って。
その後も続けかけてたのに、横でくすくす笑ってる上戸彩ちゃんに「もぉ!うるさいなっ!!(笑)」ってつっこむ事で終わっちゃった・・・(;_;)つづき聞きたかったのに・・・。でも上地くんなら途中で照れ隠しにはいってたかもしれないですけどね。
子供達も「とーちゃんとーちゃん」ってめっちゃかわいいし☆(*>▽<*)
あ、これ余談ですけど、休憩時間も上地くんにじゃれてる子供達と嬉しそうな上地くん見て「やっぱりそうだったの?」って思ったことなんですけど・・・。
ちょっと前に上地くんバーベキューに参加しに地元に戻ったって言ってましたよね。8割はイッセーくんに会いたかったからって言ってたけど。あのブログ見た時に、これから連ドラが始まることも、3児のパパ役だってこともわかってたし、だからその前にイッセーくんに会っておきたかったのかなって思ったんです。
いまやこんなに忙しい立場になって、なかなか会えなくって寂しい思いをさせてるイッセーくんが、新しいパパ役の上地くんを見て余計寂しく感じないようにってゆう、上地くんの気持ちだったのかなって思って。太郎の事を「スーパーマンみたいに演じたい」って話してるときも、「イッセーはオイラのことをスーパーヒーローだと思ってる」って書いてた事思い出して。めっちゃくちゃ勝手な憶測なんだけど、上地くんなら思いかねないような、もしもそうならすごく上地くんらしいよな気がして。ホント勝手な想像ですけど☆(- -///)

今は何より週二回も「俳優・上地雄輔」が見れることがただただうれしいですっ☆

なんか毎度本当に長々とすいません。コメントでこの長さはないですよね・・・(汗)

睦月さんの記事、これからも本当に楽しみにしてますね!
だぅもお邪魔しました~(^-^)>
2008.10.16 Thu l ニモ. URL l 編集
natsucoさん、はじめまして
コメントありがとうございます。(^^)

>感情を隠そうとしている幸子

そうですよね~ あれは幸子が太郎への想いをずっと伝えられないできてしまってることを匂わすシーンだったのでしょうね。
ただあそこで幸子が『ありがとう』と伝えても、太郎に幼なじみ以上の感情が芽生えるシーンにはなり得ないだろうと思ってしまったので・・・《ゴメンネ、幸子さん・・・(^^;;》
なので、はたから見たら迷惑極まりないことをしでかした上に気持ち伝わらず凹んで帰ってきた太郎を、ちゃんと理解してくれる人がいるっていう風にして欲しかったかなと・・・
まぁ、上地可愛さ、ひいては太郎可愛さ故かもしれませんね (爆)

こういうドラマなので突っ込みどころは満載ですが、その類の中で一番気になったのは私もnatsucoさん同様太郎が手を差し伸べるシーンでした。(笑)
だいたいあの店から飛び出したところがあの工事現場?セレブがあんなとこ逃げ込む?空き地の真ん中にあんな穴?に始まって
アリスを助けに行く時はいとも簡単に飛び出して行ったのになんで助けが必要?ってかもともと中で作業中じゃなかったの?・・・みたいなw
あれならサッと自力で出てきてアリス捕まえて説教か、アリスが抵抗した拍子に2人で落っこちるでよかったですよね。
パパラッチに突き飛ばされた時だって重傷なわけじゃあるまいし、ああいう状況で手差し伸べて女の子に助けを求める男って一生お目にかからないと思います。(爆)
2人の出会いをラブコメらしく印象付けるためなんでしょうけど違和感ありありでしたよねww

>ユースケの演技を1時間フルで観れるって、幸せですね♪

ホント幸せですよねーー!!(≡^∇^≡)
過去のドラマとかは“雄輔を探せ!”状態だったり、上地のシーンばっかりサーチしたり、それでも嬉しかったんですから・・・・
贅沢、贅沢 ♪ (*^^)v
2008.10.16 Thu l 睦月. URL l 編集
みやじさん、はじめまして
こんばんは♪ コメントありがとうございます。
「すっきりしたぁ!」と言って頂けてうれしいですw (^^)

初回視聴率良かったみたいですね! 嬉しい♪(≧∇≦)
ホント身内気分で見ちゃいますよねーー
贔屓のひきたおしだったり、ダメ出しだったり・・・私の場合確信犯でございます(爆)
はなはだ迷惑なファンかもしれませんね~・・・(^^;ゞ

あと10話あります、たっぷり楽しみましょう!(^^)/
2008.10.16 Thu l 睦月. URL l 編集
ニモさん、こんばんは♪
そーです!愛の力です!! o(・_・)o

・・・・って、コラ!www

楽しんでいただけたみたいでよかったです~ (^^)
でも私、プロの作家さんじゃないんで求められるもの書けませんよ~
感じたままにしか書けないので、ニモさんの期待に応えられないこともあると思います。
その時はどうぞ生ぬるーい目で見守ってやって下さいませww

幸子さんとのシーンはnatsucoさんのレス↑に補足させて頂きました~
それから郡司さんね♪
私もあの時の郡司さんの反応見て「おっ?!」って思いました。
その前にファッションショーの時に客席の郡司さんが映った時も、太郎の言葉を受けて微妙な表情してたんですよね。
太郎のことは認めたくないけど否定も出来ず、今後だんだんと太郎とアリスの世界それぞれの感覚を理解しつつ、2人を見守ってくれるポジションになってくれるのかなぁ?って・・・
時期尚早かな~(笑)

ニモさんのお気持ち、よーーーっく、わかりますがw
彩ちゃんのクスクスwは助け舟になったと思いますよ~ww
インタビュアーの人とガチで取材受けてたわけじゃないから、語りすぎると照れもあるだろうし、うまくまとめなくちゃと四苦八苦し始めたのを察知した彩ちゃんが笑い始めたのも2人の仲の良さがわかるし、上地の素なかわいさ全開でしたもんw よしとしましょう! ('-^*)
・・・・ダメ? (^^;;

イッセーくんの件はそこまで考えなかったなぁ・・・
でもね、 イッセーくんに限らず
上地は誰とでも仲良く、どこでも明るく楽しく出来る人だから
老若男女問わず、ヤキモチ焼かせて寂しい思いをさせる男なんですよ
そして、それでも許されるし、嫌いになんてなれない男なんですよ
にくったらしーですねーーーww

でも、だからだぁぁぁーーーーい好きなんだけど♪
2008.10.16 Thu l 睦月. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mutuki78sumire.blog32.fc2.com/tb.php/49-ad779102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)