FC2ブログ
“秋に手紙。”で自分は上地雄輔の決意のようなものを感じ取った。
2日後、“海”で上地は自分自身に誓いを立てていた。

そしてその3日後、上地は二代目心ちゃんに守られながら、また“島物語”ようなせつなさを滲ませていた。

だけど自分は特に驚くことも心配することもなかった。

当たり前なんだこれは・・・


悩んでも多分答えでません。

使命っす。


答えの出ないことに悩んでいては前に進めないと
ただ自分のルーツに目を向け、今自分がすべきことを決意し誓った。

でも答えが出たわけじゃないから・・・
だから同じことに直面すれば心は反応してしまう。

仕方のないことなんだ。

だから上地が“神児遊助”にこんなことを書ける、書いてくれるってことに
かえって自分は安心した。


雑誌の記事で上地が、ブログではまったく触れなかったのに、「自分がブログにネガティブなことを書いてしまった時、たくさんの人が心配してくれて・・・」というような話をしていてちょっと驚いたんだけど、
このところの上地は、やっぱり以前とはちょっと変わったなって感じる。

いや・・・変わらないから周りのめまぐるしい変化に対応出来ない・・・したくない自分を持て余してるのかな。

「悩みがない」「心身ともにタフ」とよく言ってた上地が、「結構弱いよ、俺(笑)」って言ったり、
ブログでも、「本っ当にオイラは弱くてダメダメ人間ですから(泣)」って言ったり・・・

「反省はするけど悩まない」って言ってた通り、これまで上地は本当にポジティブに自分らしく生きてきて
だからみんなにも生きる勇気をあげたくて、元気に、笑顔になってもらいたくて、力強くたくさんのメッセージを届けてきた。

そんな自分が、とにかくみんなを心配させまくって、励まされまくって、元気をもらって・・・
それでも何か以前の自分のようにはいかなくて・・・

そんな自分に「弱さ」を感じてるのかもしれない。


以前ブログで、「多分、有名税って有名じゃない人が勝手に作ったんだ」って、
上地が言ってたけど
ブレイクする以前から、それが下積みだとか、有名になりたいなんて少しも思った事がない上地にとっては、“有名税”なんて理由じゃどうしたって納得出来ない犠牲がいっぱいあって、
割り切って諦めたり、すっぱり切り捨てたりなんて出来ないんだ。

それに、そんなふうに出来ない上地雄輔のことがみんな好きだったりするんじゃないかな。
“ドライ”とか“ビジネスライク”だとかいう類のものから遠く離れたところにいる上地のことを・・・
そんな純粋さを捨てられずに悩む事があるとすれば、それは「弱さ」じゃなく、「強さ」だと私は思う。

これからもいろんなことがあるだろうけど、上地がどんなことを感じてどんなふうに生きていくのか、ずっと“上地雄輔”を見続けていきたいって思う。
だから、自分が「弱い」と感じる部分もこんなふうに伝えてくれることがなんだかうれしい。
このまま“神児遊助”が、それこそ「芸能界やめます」っていうような時でさえ、「次はこんなことしたいんだ」みたいに報告してくれるような場所であり続けて欲しいな。


こんなふうに芸能人のファンになったのって初めてだなぁ・・・
 
とりあえず今は、ドラマで主演する上地や大河に出演する上地を見られるということに感謝。

“成るよーにする上地雄輔”のカッコよさを、しっかり見届けるよ!o(^-^)o

スポンサーサイト



2008.09.08 Mon l 上地雄輔 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mutuki78sumire.blog32.fc2.com/tb.php/36-5e18363f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)