FC2ブログ
『睦月がこんなに上地にハマるとは思わなかったw』

先日、私が“上地雄輔”を知りファンになるきっかけになった友人に、あらためてこんなことを言われた。
芸能人好きで手広くファンやってる彼女を「へ~!ほ~!ふ~ん」と見てた私が、しっかり上地ファンになってるのが意外らしい。

わかってたけど・・・(^^;;;

だから彼女の前では、めいっぱい冷静に普通にファンしてる。 σ(^_^;)
当然彼女はこのブログの存在も知らない。
《こっ恥ずかしくって言えるわけがない;;》

(こんなにって・・・どんなにだと思ってる?w  自分でも驚いてるもん;;)

苦笑いしながらそんなことを思った。(^^;ゞ



『こんなふうに芸能人のファンになったのは初めて』

ファンになってから、同じ上地ファンの人のこういう言葉をホントによく目にしたけど、
私もまさしくそれなんだよね。

だけど・・・

「こんなふうに」って、どんなふうに・・・?



一般的には芸能人から見たファンの存在って
『ファンがいてくれるからこそ自分はこの仕事を続けられる。
ファンあっての自分です。』
そういうスタンスなんだと思う。

もちろんそんなふうにファンの存在に感謝してくれる人も素晴らしいと思うけど
上地は違う。
上地はこの仕事を続けたくてファンを大切に思ってるわけじゃない。
自分のためにどれだけのことをしてくれるとか、どれほど熱心なファンかとか、そんなことでファンを区別するって発想もない。

『自分と関わってくれた人全部が大事。』そう言ってくれる上地は
偶然ブログを覗いて自分の言葉に何か感じてくれた人でも、
たまたまバラエティ番組を見てて“上地雄輔”のことを知らないまま上地を見て楽しそうに笑った人にさえも、喜んで『ありがとう』と言う。

私たちファンが一方的に楽しませてもらったり、元気付けてもらったり、
ただ「応援してくれてありがとう」って位置に据え置かれているのとは違う距離感なんだ。
決して一方通行ではなく、
上地雄輔を見て笑顔になり元気になる自分の存在を、心から喜んでくれる、感謝してくれる、必要としてくれてる・・・
そんな幸福感をいっぱいくれる。

上地は、そんなふうにたくさんの人の存在を受け入れて好きになれるだけの愛情をいっぱい・・・というか無制限に持ってる人なんだって思う。



人の心ってわがまま。
自分が不快な思いしたり傷ついたりするのが嫌だから、警戒して人を受け入れられなかったり、離れたりするのに
自分のことは受け入れて欲しいものなんだよね。
 
でも普通の感覚を持ってる人はそれがわがままだってわかってるし、自分が無条件で受け入れられるなんて思ってない。
心はわがまま言っても、頭ではしょうがないよなって納得する。自分もそうなんだからって・・・・

それなのに上地は会ったこともない人の心にまで近付いてきて、
『いいよ』って受け入れてくれる。
『あげる』って優しさや元気を届けてくれる。
上地だったらこんな自分でも受け入れてくれるかもしれないって思わせてくれるんだ。

先ず受け入れてもらえる、好きになってもらえるって、すごいことなんだって思う。
そして、どんな人にも心開いてまず受け入れる、好きになりたいって思うことって、とんでもなくすごいことだと思う。
 
何の資格も知識も要らないこと。
でもどんな資格や知識を身につけるより難しいこと。
それを当たり前のように出来る上地。

ふと近付いてきて、「それでいいよ」 「頑張ってるよ」って言われたら、
頑張ってる人はすごく嬉しいし、もっと頑張れる。
そうじゃない人はきっと、「なら、これでいいや」とは思わない。
上地がそう言ってくれるに値するだけ頑張ってる自分になりたいって思うんじゃないかな。
 
上地は、思いを乗せた言葉で何かを育むチカラを持ってるんだ。


スクラップティーチャーの撮影中、寝る時間も無いほど超多忙な時に、生徒役の子達が悩みを相談したりメールしたりして頼ってくれるのが「嬉しい!」って言ってるの見て、すごいなぁ・・・って思った。自分のことで精一杯って時なのにって・・・・
そして思った。上地にとって、仕事も生徒の悩み相談も同じなんだって。
上地がいつでも精一杯してること = 誰かを元気付けたい、その人の笑顔の『ありがとう』が聞きたいってことなんだって・・・

『人が好き!』 そう言う上地の人に向ける愛情は際限がない。
そして上地は、そのたくさんの愛情をただありったけふりまくのではなく
1人1人にちゃんと届けようとしてくれる。
神児遊助でも、よく 『あなただよ、あなた』 と言ったり、 『マンツーマンで伝えたい』 そんなふうに言ってくれる・・・思ってくれてる上地。
身体が不自由な人にも、生きることが辛い人にも、
頑張ってる人にも、うまく頑張れずに凹んでる人にも・・・・

上地のような人がたくさんの人を幸せにしていくのを、
上地のような人が幸せになっていくのを見てると
すごく幸せな気持ちになる。

「あなたがいるから続いてる」
「みんなの笑顔が見たいから」
「ありがとうと言ってくれるのが嬉しいから」
上地がいつもいつもそう言ってくれるのと同じように
上地雄輔を好きな人は同じように上地のことを大事に思ってるんだと思う。

会ったことも言葉を交わしたこともない人のことをこんなふうに心配したり、幸せを願ったことなんて今までになかった。
だから、見てて癒されるとか楽しいとか、息抜きだったりとか、
そんなふうに部分的に生活に取り入れることが出来なかった。
自分の生活全部に、生き方にまで入り込んできちゃった感じ。

上地みたいには生きられないけど
自分なりに自分の列車を走らせたい。
上地に『頑張ろ』って言われたら、一緒に頑張れる自分でありたい。
上地に『幸せ?』って聞かれたら、自分の幸せいっぱい教えられる自分でありたい。
自分自身に胸張れたら、そんな自分のことを上地はいつだって
『ナイス!(^-^)v』 『いいね! ('-^*)』 って喜んでくれる。

そしてそういうつながりに『ありがとう』と言ってくれる。
上地自身の力に変えてくれる。

そのことに心から言える『ありがとう』
すると上地がまたとびっきりの笑顔で『ありがとう』

上地が言う『ありがとう』のキャッチボールは
『生きる力』のキャッチボールなのかもしれない。


自分の人生に大きな影響を与えた人はこれまでにもいなかったわけじゃないけど
会ったこともない芸能人がそんな存在になるなんてことは、私の中では有り得ないことだった。
だから私も『こんなふうに芸能人のファンになったのは初めて』な人のひとり。

そんな上地ファンの人たちは
「なんで上地雄輔のファンなの?」 「どこが好き?」
そう聞かれたらなんて答えるんだろう?


明るさ、 強さ、 優しさ、 純粋さ、 ポジティブ思考 ?
 
容姿、 演技、 歌、 文章、 発想力 、想像力 ?


・・・・・全部?



うーーーん・・・・なんか違う気が・・・・

 
そんなふうに端的に答えることなんて出来なくて
自分はその理由をこのブログに書き続けてるのかもしれない。



無理矢理ひと言で言うとしたら・・・



“上地雄輔”が好きだから。




そうとしか答えられないなぁ・・・





ああ、語彙貧困・・・・;;;
 
 
スポンサーサイト



2009.01.23 Fri l 上地雄輔 l COM(10) TB(0) l top ▲