FC2ブログ
期待してた通りシリアス太郎のシーンが多くて、コメディじゃない上地の演技がいっぱい見られたし、社員旅行は覚悟してた範囲内だったし、
なるべく何も考えずに画的に楽しんでしまえばいいんだけど・・・
ちょっと考えてみると、真紀子が仕掛けてくることも太郎の言動も意味不明で、終り方もなんだかいい加減。
上地が頑張ってた回だけに、もうちょっとしっかりした話にして欲しかった・・・(-_-;)

生活の面倒みてやるから家族でシンガポールへ行けとか、子ども達に幸せな暮らしをさせてやるからジンバブエに行けとか・・・
真紀子がなんでそこまで徹底的に太郎の存在を疎ましく思うのかがわからない。
太郎がアリスの本当の恋人じゃないってことは当然わかってるだろうし、
実際太郎だってもう騙してるつもりもなくて、真紀子にむかって自分はアリスの運転手だと言ってるわけで、太郎とアリスの接点を無くすのに、金を積む必要も外国へ追いやる必要もない。
『運転手は今日限りクビよ』
それで終ることじゃないかと思うんだけど・・・。

だいたい後藤田と結婚させたい真紀子が、5年前後藤田がアリスを裏切ったのではなく自分が後藤田とアリスの仲を裂いたってことを言わないでいるのも変。
「あなたのことをずっと想いながら、あなたのために、あなたに見合う男になって迎えに来たのよ」くらい言ってやれば、最初から思い通りになってるんじゃないの?

それから太郎の言動もやっぱりおかしい。
自分はあくまでアリスの運転手でしかないわけだから、アリスに近付くなと言われなくても、運転手を解雇されたらアリスに会う理由は無いんだよね。
太郎がアリスのことを、真紀子から守っていたわけでもないし・・・
“権力に屈せず信念を通す太郎”を見せたいってことなんだろうけど、真紀子が何をしたいのかも理解出来ないから、太郎が何に抵抗してるのか全然わからない。
“カッコいい上地”が、“カッコいい太郎”に成り得ないんだよなぁ・・・
ああ、もったいない!(>_<)

火事も漏電が原因で、結局真紀子は運転手を解雇した以外太郎達には何もしてないんだよね。
真紀子達の策略だと勘違いして、みんなの協力を受けられず事態が悪化したことは事実だけど、でもなんで、どうしようもなくなった時に助けを求めに行くところが真紀子なの?
子ども達を助けて下さいって・・・子ども達があんな目にあってるのは真紀子のせいじゃないと思うんだけど・・・
だいたい、役所に連れてかれるって言うけど、児童福祉のための公的な施設が一時的に子供を預かるだけで、生活環境が整ったらいつでも一緒に暮らすことが出来るのに、よりによってあの真紀子に子供達を託してアフリカに行く方を選択するなんて暴挙としか思えない。
『もう・・・こうするしかなかったんです』
寂しそうに・・・それを打ち消すかのように笑顔で言う上地がすごくよかったのに、太郎違うだろ?みたいな・・・・orz

悲劇のどん底みたいな状況から、ラスト一転めでたしめでたしみたいになってるのも安直過ぎると思う。
太郎の辛い顔、悲しそうな顔、切ない顔、そして涙は一体なんだったの~~!?って感じ・・・

みんなに迷惑がかからないようにとホームレスになって子供たちがいじめられて、食べるものも無くて二郎が病気になって、子供と離れ離れになる決心までして、栄養失調で倒れて・・・
でも目覚めたら、家はみんなの協力で住めるようになってるし、食事をご馳走してもらって人の善意に感謝して幸せそうな太郎。
「ありがとう」とあったかい笑顔の上地がすごくよかったんだけど、太郎それで大丈夫なのか?って・・・・orz
まさか、真紀子は放火までするような怖い人じゃなかったんだ~、よかったよかった、もう大丈夫ってことじゃないよね?雇用契約書だって書いてるんだよ?

まぁ、次回はアリスと後藤田の結婚話でこんなことなかったみたいにうやむやになってるんでしょうけどね。(ーー;)


いきなり・・・ってかずっとダメ出し感想になってますが・・・;;
そうは言っても上地の演技が堪能できた今回は、上地雄輔のファンとしては嬉しいわけで・・・
子ども達との別れから、駆け戻ってきて抱き合うまでのシーンなんて既に10回は見ましたからね~σ(^_^;;
他にも、火災にあった家を見て呆然としてる表情とか、「幸せにしてあげて」という優希の言葉を思い出しながら病気の二郎を見つめる辛そうな表情とか、真紀子にジンバブエ行きを迫られ断腸の思いで決断する時の表情とか・・・
ホントに画的にはすごく見応えありました。
でもだからこそ、もっとちゃんとしたストーリーで見たかったんだよぉ~・・・!(>_<)

こんな中で今回すっごい展開だと反応してしまったのが後藤田と幸子。
幸子の前に現れた後藤田がいつもと違ってやけにソフトタッチで、いい人っぽく見えたのは、後藤田と幸子の大事な出会いのシーンにするための演出に違いないと思ってしまった。
予告でも、ドレスのことを「綺麗だ」と言った後藤田の言葉に幸子が動揺してたし、これは後藤田と幸子の組み合わせが用意されてることの布石なんじゃないかと・・・

と、いうことは・・・・ですよね?ww

さすがに後藤田と幸子は考えてなかったけど、意外と似合ってる気がする。
幸子は、ストレートに愛情表現出来ない後藤田のことをわかってあげられるような人だし、後藤田も幸子みたいな優しくて包容力のある人に癒されたい面を持ってる人だと思うし、落ち着いた大人のカップルになりそう。
なんか先走ってるけど、“セレブと貧乏太郎”はフェイクでこういうシーンをいれるようなドラマじゃないと思うので・・・ww

さて、決して大人ではないもう一方のほうはこれからどうなっていくんでしょう?(笑)
次回は、真紀子が5年前のことをアリスに告げることで、後藤田への誤解が解けて一気に結婚話が進んじゃう・・・?
でもそれじゃ安直過ぎだよな~;;
しっかりと手を握って朝まで太郎に付き添ったアリスの気持ちはどんなものだったのか・・・
太郎が運転手続けられてるみたいだし、その辺でもなんでも、アリスが後藤田との結婚を決めることに太郎がからんでくれてるといいんですけどね。

既に“怒涛のクライマックス”ってなってたけど、あと3話あるのでまだまだいろんな展開があるんだろうな。
これからはアリスと太郎の仲がどうなっていくのかだけがメインストーリーで、もう太郎が脇にまわるようなこともないだろうから、「え゛えーーっ?!」っていう展開もアリだと覚悟はしつつ、またいろんな上地雄輔が見られることを期待してます。
 
 
スポンサーサイト



2008.12.03 Wed l セレブと貧乏太郎 l COM(6) TB(0) l top ▲