FC2ブログ
5話っていったらもうほぼ半分終っちゃったんですよねぇ・・・・


なーーんか;;


はぁ・・・・・(=_=;)



私、“セレブと貧乏太郎”の見方を間違ってたのかもしれません。

見方変えないと苦しくなってきた・・・o(__;)o

なんだかコント見てるような気がしちゃうんですよね~・・・
まず絵的に見せたいものがあって《爆発、逃走劇、結婚式、プロレスetc》その上にストーリー乗っけてるみたい。
そういうのが毎度その時限りの展開で、本筋が進んでないっていうか・・・ってか本筋はどこ?みたいな。
ニセ彼氏のことや、佐藤家同居のこと、アリスタウンや、今回のアリス誘拐騒ぎも、なんか発端から結末があやふやで、ただの賑やかしエピソードになってしまってる気がするんです。

もともと“セレブと貧乏太郎”はそういうところを楽しむべきドラマ(?)なんだと言われればそれまでなんですけどね・・・
でも、まだ諦めたくないなぁ・・・・;;

今回はかなり辛口感想になりそう・・・
5話を楽しめたかたはご覧にならないほうがよろしいかと思います。m(__;)m



『なんかあれ、勢いで言ったっぽいけど・・・』
『だからって商店街のために犠牲になるってタイプでもないだろ』

相変わらず太郎のキャラがはっきりしない。
どうも今ひとつ魅力が感じられないんだよなぁ・・・
上地雄輔のファンとしてはここが一番ツライとこです。
1、2話あたりはまだよかったんですけどね~

『だから商店街のためっていうより・・・』
3話以降、幸子が一番のアリスの理解者で、一番いい人になってる気がする。
だけど、あの2人を見ててもアリスの気持ちが太郎に向いてるなんて全然感じられない今の状態じゃ、こんなの説明台詞にしか聞こえない。

ちゃんと本筋の布石になってるかなと感じたのは、後藤田とカメラマンの公文。

『傷ついたのはアリスだけじゃないから』
身勝手なところが5年前と変わっていないと言われた時の後藤田の傷ついたような悲しそうな表情が印象的。
いつも自信満々で余裕の笑みを浮かべてる後藤田が珍しく感情を見せたことが、5年前のことが明らかになった時に説得力を生むのかもしれない。

そして、今回アリスの逃走劇に関わり、結局はスクープよりもアリスを助けることになった公文。
アリスを見る目がやけに優しくなってるのがちょっと唐突っぽかったけど、
前回アリスに付きまとう理由を、女優だったアリスの母親に似てるからと言っていたし、今後キーマンになるということなので、アリスが大事にしている母親の思い出に絡んでくるのでしょう。


飛行場についてからのアリスと太郎のシーンも、どうも取ってつけたみたいに説得力なくて、「???」って感じだった。
『勘違いしたのはそっちでしょ!』
『だったら最初から言ってくれればよかったじゃないですか!』

この後、とてもベタなシーンがくり広げられるわけですが、あのアリスがなんであんな風に笑ったのかもよくわかんないし、アリスの笑顔に戸惑いもせず笑い返す太郎もよくわからん・・・;;
いつの間にこの2人がこんな風に笑いあう関係を築いたんだろう?
しかも、ブーケ投げてセーフ! 手を差し伸べて助け起こすって・・・
こんな中学生のじゃれあいみたいなことを、あのアリスが太郎相手にしかけるなんて、そこに至る流れが何もなくて唐突過ぎると思う。
これよりも、ウェディングドレス姿をお父さんに見せたかったのかと聞かれて、ぷいっと背を向けるアリスとそんなアリスを見て笑う太郎のシーンのほうがずっと自然でよかった。


ここまでなんともまとまりがないというか、方向性がわかりにくいというか、キャラやキャラの関係性がはっきりしないというか・・・
もともと脚本家が複数いるドラマってあまり好まない自分としては、セレブと貧乏太郎のようにメインライターさえわからないほどにバラけてるのってキツイんですよね~・・・(-_-;)
《以前、すごく好きだった作品が、事情あって脚本家が変わったとたん、大好きだったキャラたちがぶち壊されてしまいすごくショックを受けたことがあるんです;;》

強いて言えば1話単独、2話共作の徳永友一さんがメインなのかなぁ・・・?
私も本的には1話2話が好きなんですが・・・
今はバラエティに富んだシーンを楽しむ時期で、後半メインストーリーが進む段階である程度メインで書くライターさんが絞られてくるということもあるとは思うんですけど・・・っていうかそう願いたいです;;


お父さんが倒れて少し本筋が動きだすのかと思いきや、来週は偽アリスとデザイン対決・・・??(ーー;)

不安もありますが、あの母親がなにか仕掛けてくるみたいだし、後藤田の肩にもたれるアリスを見る太郎の画が素晴らしくよかったので、希望を捨てずに次週を待つことにします。
 
 
スポンサーサイト



2008.11.13 Thu l セレブと貧乏太郎 l COM(0) TB(0) l top ▲